Hot Springs

温泉に入って、素敵な時間を過ごしませんか?自然を満喫しながら入る露天風呂で心身ともにリラックスする時間は格別です。

温泉の楽しみ方

楽しいはずの温泉もマナーを守らない人が入ってきて台無しな気分にされたことってないでしょうか?

お互い気持ちよく楽しむためには入浴マナーは守りたいものです。
でも、自分が思っているマナーって合っているのでしょうか?

心配になる方もいらっしゃるかと思いますので、ここでは基本マナーをご紹介します。

湯船に入る前は、かかり湯、または体を洗う
いきなり湯船につかるのは、ルール違反です。まずは体の汚れをある程度落としてから入りましょう。お互い、同じお湯に体を付けるのですから、気持ちよく!ですね。
浴槽にタオルを入れない

温泉番組などで身体にタオルを巻いたまま、湯船に浸かっているシーンはよく見るかと思いますが、これは撮影上、特別に許可をもらってしていますので、タオルは湯船につけないのがリールです。

浴槽に飛び込まない・泳がない!?

ゆっくりと湯船に浸かってのんびりしたい人がほとんどです。

テンションが上がって騒ぎたくなっても、公共の場ですので、そこはグッと我慢してください。

また、他人の顔などにしぶきが飛んでしまうなど、不愉快な思いをさせないように、周りに人がいるときの入浴には気を付けましょう。

髪が長い人は束ねてアップにする。
髪の毛を湯船につけるのはタオルと同じで、NGです。
女性の方は特に気をつけたいものです。
自分はなんとも思っていなくても、周りの方を不愉快にさせないようにしましょう。
脱衣所にあがる前に体をタオルでよく拭く

これは、自宅でも同じことですね。
既に入浴が済んで着替え終わった方もいらっりゃるので、床を濡らさないように気をつけたいものです。

万が一汚してしまっても、床モップなどを置いてくれている温泉も多いので、きちんと後始末をしたいものです。

年配の方などは、濡れた床で滑って転倒して大怪我をされるケースなどもありますので、周りへの気配りも必要です。

基本はこの5つくらいです。
お互いが楽しみに来てるのですから、あまり肩に力が入らない程度に、お互いが気持ちよく入れれば、それがいちばんですね。